【女一人で土湯へ湯治①】湯治のつもりがUFOふれあい館で極旨ラーメン

東京から1泊2日でマニアックな女子旅をめざす

今回はソロ旅の記録です。時は2019年夏、8月のお盆後半。私はどうしても旅に出たかった…むしゃくしゃしていた。反省はしていない。

そういえばどこにも公開していなかったし、福島復興応援の意味も込めて今更ながら旅行記書いていきます。

予算 :15000円 いかにケチって首都圏からいくかが勝負!
移動手段は18きっぷ(必要ならワープもありのルールとする)できれば1泊したいところ。

そこで私が選んだのは、近くてなかなか行ったことがない福島県!
だいたい定番は行きつくしたので、目的地を決めるとき「google mapを眺めて怪しいスポットを見つける」という技を使いだしました。ふふ、今回も見事にB級スポットが見つかりましたよ。

あやしい…あやしすぎるッ!!

よし、第一目的地は決まった。あとは温泉だ。

旅に出るなら、温泉と麺は押さえておかねばなりません(持論)

土湯温泉に宿泊したいけれど平日なのに結構宿泊費が高い…よくよく考えたら、お盆期間中なので高かったはずだわ。いきなり予算オーバーの危機です。

とりあえず福島いってから考えよう。

今回は朝ムスッコを保育園に送った後の出発なので、特に面白い寄り道なし。サクサクっと北上していきます。

で、福島駅~!

郡山には良く寄るけど、福島をじっくり利用するのは初めてかもしれません。ハロー福島、2日間宜しく。

結構大きい駅です(失礼)

とりあえず地のものが食べたいので駒田屋本舗の「みそぱん」をゲッツ!ほっとする優しいお味が鈍行で疲弊した体にしみるぅ~

くるみゆべしも美味しいけれど、こちらもオススメ!

さて駅の見学もそこそこに、私には「UFOとふれあう」という目的があるので早速バス停を探します。

福島駅のバス乗り場トラップ!UFOふれあい館はJRバス!!

福島駅から出発するバスは殆どが「福島交通」のバスですが、UFOふれあい館へ行くバスは何故か「JRバス東北」運行の路線

雑な下調べで出てきてしまったので、バス停が見つからなくて焦る…

私の乗る福島駅~川俣高校の路線は1時間に1本程度しかないので、これを逃したら当分ないんです。仕方がないので福島交通のインフォメーションで尋ねたところ、親切に場所を教えていただけました。
競合他社なのにありがとうございます。

そして、冷静に確認すれば判る位置にあった。

いいか、みんな。1番乗り場だぞ。(2019年現在の情報)

程なくJRバスが到着して、なんとか乗りこめました…私の他5人ほど乗せたバスはどんどん山中へ…

目的地の「UFOの里」まではバス停約20個、乗車時間にして20分程でつきます。あれ、てことは1分につき1バス停?!しかし、通り過ぎるバス停はトトロに出てくるようなバス停ばかり…こんな途中で降りて一体どこに行くというのか。

あまりに目まぐるしくバス停の表示が変わるので、乗り過ごしてしまったのではないかと恐ろしくなり「あの…ゆ、UFOの里はもう過ぎちゃいましたか…?」と聞いてしまいました…
恥ずかしかったけれど実はもう一組降りる人が居て一安心。

UFO nosato についたぞ……

660円を支払って降ります。
バス停の隣はスタンド兼商店のようなのでちょっと安心。

しかし時間もないので、お店はのぞかずに目的地へ向かいましょう。どうやらUFOの里は「千貫森公園」という公園の中にあるらしい。

なんかもう情報が多くてお腹がいっぱいになる看板だ。

この看板が見えたからといって、すぐにUFOふれあい館ではありません。ここからゆっくり歩いて10分弱、山道を登っていきます。

本当にあってるんかいな?と不安になるかもしれませんが大丈夫。中間地点にはちゃんと看板がありますよ!

むしろ不安しかない。

怪しさ満点のUFOふれあい館へ

とりあえず目的地へ着いてしまったので、外周から探索してみます。右には千貫森公園へ上る階段が…

階段が……

はい怪しい~!

千貫森公園には沢山宇宙人がいるらしいので探してみてくださいね!!!!個人的には宇宙人ベンチはみたかったなぁ。

最寄りの飯野町商店街にも宇宙人が出現するらしい!

因みに「最寄りってどんなもんじゃい」と検索したら、車で10分、徒歩だと1時間の距離でした。最寄りとは一体…

本命のUFOふれあい館に入る前に、隣接している物産館に入ります。口コミみてたらここのラーメンが絶品らしいので行くしかないでしょう。

お店の中はごく普通のお土産店+食堂という雰囲気だったので、ひと安心なような、がっかりなような。結構繁盛していたけれど、ちょうど一組退席し首尾よく窓際の座席に座ることができました。

この眺望! イイネ!普通にイイネ!
食券を買って、いざ実食。

おぉ。あっさりしているけれどしっかりと出汁の味が効いている。
つるっと頂けました。

あーおいしかった!

お風呂も入れる謎施設、UFOふれあい館

お腹も満たされたし、本命のUFOふれあい館に入りましょう。

入り口で入場料を払い、簡単なアンケート(どこから来た?何人で?)を記入します。希望者にはポイントカードを発行してくださるそうなので、是非10回行って1回無料を目指して頂きたい。

いよいよUFOとのふれあいだ……!!!!!!

 

 

 

 

 

 

うわぁ(棒)

宇宙人もいるぞ!!!!

なんかおなか一杯になってきた。よし、二階にあがろうか。

 

なんとこの施設、二階に大浴場があるんです!とっても豪華(棒)

完全に普通の公民館

そして完全に普通の大浴場(でも眺めは抜群)。
入浴料はUFOふれあい館の入場料に含まれているので、お得といえばお得です。
因みにこちら、貸し休憩室もされているそうなのでオフ会などに如何ですか(笑)

いいのまちUFOふれあい館
福島県福島市飯野町青木小手神森1-299
TEL024-562-2002
9:00~17:00 月・年末年始休
※掲載時の情報のため、詳細は下記URL確認もしくはお問い合わせください。

http://ufonosato.com/

でも風呂桶はケロヨンじゃなくてケロリン(ケロロ軍曹)だったので、この施設わかってんな!と思った次第。

一通り見学したので、帰ります…滞在時間短くてごめんね、お風呂は入ってません。

 

ところでここ、隣に結構キレイなトイレがあるのでもしかしたら車中泊できるかも…
しかも物産館隣には小さな遊具スペースがありました。

でも照明がない気がするので、泊まるとしても車中泊慣れした人向けかな~?

そんなことを考えながら足早にバス停に戻ります。
こんな山奥にもちゃんと迎えが着て、正直ちょっと安心した。

そういえば、駆け足で回ったため「そもそもなぜここがUFOの里なのか」という部分を見落としてきてしまったので、帰りのバスでググったところ…

円錐の綺麗な山の形をしており、その形状から「古代ピラミッド説」「UFOの基地」などの伝説や逸話がある
(Wikipedeiaより抜粋)

そんだけかーい!

よし、気が済んだから温泉いくわ…

 

次回へ続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です